桐蔭横浜大学

スポーツ健康政策学部ハンドブック(2014年)

教育の基本と仕組み

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部及び同学部の三学科(スポーツ教育学科、スポーツテクノロジー学科、スポーツ健康政策学科カリキュラム)の教育に関わる考えかたについて、在学生に基本的に理解しておいてほしいことをまとめています。

授業・試験・成績評価

スポーツ健康政策学部の授業や試験、成績評価についての基本的なルールと注意事項です。試験に関するルールなどは、違反すると進級や卒業ができなくなる場合もあるので「知らなかった……」にならないように。

実習と特別プログラム

「大学で学習したことを、現場でどのように生かせるのか」、「大学の学びは社会の動きとどうかかわっているのか」を考えながら学べるようにするのが、桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部の実習と特別プログラム。
大学の4年間は、実社会に出る前の″モラトリアム″でも、専門的職業訓練の場でもありません。「社会との接点を常に意識して、その現実を理解しながら知識を獲得する力」をつけることで、激動する社会の中で柔軟に生き抜いていく人間力が育ちます。
ここでは、スポーツ健康政策学部が展開する以下の実習と特別プログラムを紹介します。(教育実習については、免許・資格を取得するに記しています)

ガイダンスへの出席
実習や特別プログラムでは、事前にガイダンスが行われるので、履修する人は必ず出席してください。履修にあたって特別に必要とされる手続き等を理解して、安全に、また意味のある実習にしていくにも、まずはガイダンスから実習が始まる、と考えてください。それぞれの実習に関するガイダンスの情報は、掲示板に掲示されます。

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部の全ての学科を対象とする実習

学科ごとの特色ある実習

専門演習(ゼミ)の選択から卒業まで

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

桐蔭学園 2014創立50周年 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 竹内秀樹
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから