桐蔭横浜大学

スポーツ健康政策学部の教育の基本

教育の基本理念・目的

桐蔭横浜大学のスポーツ健康政策学部は、桐蔭学園の建学の精神に則って、主体的・自発的に学び続ける学生を育成するという理念のもと、旧来のスポーツ科学や健康科学の研究成果を基盤としつつ、それらの知見を応用していくスポーツ健康政策学を教育・研究することによって、我が国の「スポーツ」と「健康」のさらなる発展に貢献できる有為な人材を養成することを目的とします。
スポーツ健康政策学の修得に当たっては、スポーツ教育、スポーツテクノロジー、スポーツ健康政策に関する独自の知識や技能を学ぶことはもとより、これらを関連づけて横断的に学ぶことにより、「スポーツ」と「健康」に関する幅広い専門性を身に付けることを目指します。

学科の特色

スポーツ教育学科

桐蔭横浜大学のスポーツ教育学科は、スポーツや健康に関する専門的な知識・技能を身に付け、かつ今日的教育課題の解決に応えることのできる小学校、中学校、高等学校の教員や、我が国が迎えつつある生涯スポーツ社会において活躍することのできるスポーツ指導者を養成することを目的としています。
現在の学校教育は、知識基盤社会の到来、グローバル化、少子・高齢化、情報化などの社会構造の急激な変化に対応することが求められています。加えて、社会性やコミュニケーション能力の不足、基本的生活習慣の乱れ、体力低下、喫煙、飲酒、薬物乱用、不登校、いじめ、小1プロブレム、中1ギャップなどの児童生徒を巡る課題、教員の指導力や家庭・地域との連携など多様な課題を抱えており、その解決が急務となっています。これらの多くの課題の解決に向けて、魅力ある優れた教員を養成する必要があります。
魅力ある優れた教員とは、「教育の専門家としての確かな力量」、「教師の仕事に対する強い情熱」、「総合的な人間力」などの資質能力を身に付けた教員といえますが、この学科では、教員に求められるこれらの資質能力を身に付けることのできる履修科目と、それを専門的に教育指導できる経験豊かな教授等を揃えています。
また、この学科は、スポーツ系学部でありながら小学校1種免許を取得できるという全国的にもユニークな存在です。前述の今日的教育課題のかなりの部分は、義務教育の初期の段階に対応することで解決が図られるものと思われます。1期生10人が公立小学校に、2期生8人が公立小・中・高校に赴任しましたが、学科の理念を踏まえるとともに、スポーツや健康に関する専門的な知識・技能を生かして、教育現場が抱える課題の解決に先導的な役割を果たしてほしいと願っています。
一方、スポーツは世界共通の人類の文化といわれるように、人々の生活を豊かにする素晴らしい文化です。昨今、国や地方自治体を問わずスポーツ政策が積極的に推進されていますので、当然のことながらスポーツについて深く学修し、専門的な知見に基づく指導のできるスポーツ専門家が求められています。この学科ではそのような人材の育成にも力を注いでいます。
また、国のスポーツ政策は、すべての住民にスポーツサービスを提供できる総合型地域スポーツクラブを全国の市区町村に展開していくことを強力に推進しており、成人の3人に2人がスポーツを継続的かつ主体的に実践するという具体的目標も掲げています。いつでも、どこでも、誰もが楽しくスポーツに親しめる地域社会の実現に向け、地域スポーツ指導者を養成していくというこの学科の使命は、国や地方自治体のスポーツ政策の実現にも貢献できるものです。
この学科で、教員やスポーツ指導者に求められる専門性、指導力、人間性などを高めるための研鎖を積んでください。

スポーツテクノロジー学科

桐蔭横浜大学のスポーツテクノロジー学科は、スポーツを科学的にとらえ、理論と実践の両面からスポーツ・健康つくリ活動を支援できる人材の養成をめざしており、トレーニングに関する専門的な知識・技能に加え、技術、戦術、心理、チームワークなどについて学び、さらにスポーツ科学、工学、情報学、医学などの知識や技術と結びつけ、データの解析や分析方法なども学びます。
スポーツの技術習得・指導を合理的かつ効果的なものにするためには、その身体動作や戦術について観察・分析する力が必要になります。また、ベストパフォーマンスを引き出すためには器具器械・用具・道具の改良や工夫が必要になります。現代のような情報社会、バリアフリー社会において、これらの視点は、今後おそらく学校体育をはじめとする教育現場であっても、プロ・アマに関わらずあらゆるスポーツ指導の現場であっても、指導スタッフに求められてくることになるでしょう。
学科で用意されているカリキュラムは、あくまで「料理の材料」。それらを組み合わせたり、より広く深く追求し、どのようにして自分の将来に役立てるかはあなたの腕次第です(漠然と「こなす」だけの4年間にならないよう願っています)。「スポーツが好き」「からだを動かすことが得意」というステージから一歩進めて、この学科のカリキュラムを通して「多様なニーズに応え、健康つくりの支援ができる」「科学的な根拠に基づいた運動プログラムを立て、コーチングができる」、「目的に合った測定機器を選択し、効率的に扱える」、「取得した映像やデータを記録・解析できる」、という、もうひとつの武器を手にして、これまでスポーツ場面において様々な情報や科学技術の恩恵を受け、スポーツを楽しんできた側から4年後には、ぜひ提供する側として社会貢献できる人になっていてほしいと願っています。
この学科では、自分が選んで学ぶことの出来る講義や実技、つまり選択科目を多く用意しています。その選択に際して一つの目安となるように、また、カリキュラムの特徴から以下の3つのコースを設定しました。合わせて具体的にコース推奨科目を掲げています。いずれのコースも卒業に必要な単位に加えて、教職関連の単位を取得すれば、中学校および高等学校の保健体育1種免許状を取得できます。

スポーツトレーナーコース

ここで言うトレーナーとは、ヘルスケア・トレーナー(健康の維持・促進・管理・回復などの指導が中心)、メディカル・トレーナー(身体のケアやケガ、リハビリテーションが中心)、フィジカル・トレーナー(筋・骨格系に加えて持久力、敏捷性、バランストレーニングなどを行う)など、トレーナー全般のことを指します。
このコースでは各種トレーナーに関連する資格取得のためのベースづくりに重点を置き、カリキュラムが組まれています。科学的根拠にもとづく適切な運動プログラム、トレーニング、コンディショニング、ケガの予防・ケアなどの基礎的知識の獲得を目指します。

スポーツコーチングコース

このコースでは、より専門的なスポーツ技術やコーチングなどを学び、実践的な能力を有したスポーツの指導者やインストラクターの育成を目指しています。スポーツコーチングコースの推奨科目は各種専門競技のコーチング論やスポーツ技術・戦術論など2年、3年次より開講されるものが多く、それまでに基礎的なスポーツ技術・理論、スポーツ医・科学について知識を獲得していることが望まれます。

スポーツテクノロジーコース

身体の機能や動作を測定・評価、或いはスポーツパフォーマンスやゲーム・レースなどを分析する上で必要な情報処理に関する科目を学び、スポーツを科学的にとらえ、指導できる人材の育成を目指しています。このコースを希望するあなたは、動作分析論、測定機器の操作、スポーツ情報分析論などを学び、実際に自身がスポーツ情報分析室で専門のソフトやツールを用い、具体的手法を取得します。スポーツに関わる科学的な情報は常に更新され変動しています。積極的な学びの姿勢が望まれます。

スポーツ健康政策学科

競うスポーツではなく、人や社会を元気にするという観点からスポーツと健康を追究する本学部が目指す方向と理念を、具体的に追究し実践してきたのが、桐蔭横浜大学のスポーツ健康政策学科です。
現代において「スポーツ」や「健康」、「からだ」の持つ意味について専門的な知識を持つのはもちろんのこと、文化や政治・行政、ジャーナリズム、街づくりや国際関係などについても幅広く学びます。この学科で学び、グローバル化する社会の中でコミュニケートしていくための語学力と教養を身につけて、スポーツや健康に関わるさまざまなプログラムを企画・実施・運営できる人材、次の時代のスポーツ交流を担える人材を目指してほしいと願っています。
日本では、厳しい社会経済状況の中で困難な生活を強いられる人が多くいますが、いっぽうスポーツなどからだを動かすことで生活のリズムや精神的安定を取り戻す人が増えています。また、世界各地で起こる戦争や災害からの復旧・復興過程では、スポーツによる交流が心身ともに傷ついた人々や地域を元気づけているケースもあります。また、スポーツと他の領域を融合させたパフォーマンスは、次々と新しい表現、新しい感動を生み出し、大きな人気を博しています。ワールドカップや東京での開催が決定したオリンピックが、人の心を大きく動かすことは言うまでもありません。
「からだ」の力は、個人・社会を問わず、また国内・海外を問わず、人の心や暮らしや生きかたを、より希望に満ちたものに変えていく大きな力を持っており、いまその力に非常に大きな期待と関心が寄せられているのです。
グローバル化か進む中で、ますます必要とされる語学力(英語、韓国語、中国語)を身につける「外国語コミュニケーション」、スポーツや身体運動を核にしながら幅広く社会の人々やニーズとつなかっていくための「サービス・ラーニング実習」、学内・学外での実習、国際交流のスペシャリストによる講義等の授業科目は、このような学科の特徴を最大限に引き出せるよう準備されているものです。そのための教員の顔ぶれにも、注目して下さい。
この学科には2つのコースがあります。いずれのコースも、卒業に必要な単位に加えて教職関連の30単位程度を学修すれば、中学校および高等学校の保健体育教員免許状を取得することができます。

 *2014年度も前年に引き続き、青年海外協力協会(Japan Overseas Cooperative Association)と連携して一部の科目を展開していきます。JOCAは、開発途上国の人々のために自分の持つ技術や経験を活かし活動してきた青年海外協力隊の帰国隊員を中心に組織されている、内閣府認定の公益社団法人です。本学科は、スポーツを通して国内はもとより、国際的に活躍できる人材の育成に力を注いでいます。

地域スポーツ支援コース

スポーツや身体運動に関する知識やスキルを身につけた上で、これらの力を生かして、学校やスポーツクラブに限らず、子育てや高齢者の健康に関わる施設等を含め、社会のあらゆるフィールドで、人々を楽しませ、元気にし、地域社会や街を活性化する仕事や活動に関わっていける力を養います。
スポーツや身体運動に加えて、レジャーやレクリエーション、スポーツ施設やプログラムのマネジメント、街づくり等について学び、スポーツを地域に結びつけるための実践的知識を身につけます。行政機関等で文化やスポーツ、健康に関わるプログラムを企画・立案・実施するなど、地方自治体で働くことを目指す人に対しては、公務員講座が用意されています。

文化スポーツデザインコース

メディアを通した「発信力」と、デジタル時代の新しいスポーツなどの「創造力」を身につけ、これまでにないスポーツの楽しみ方を発信・提案していく力を養います。
メディアやクリエイティブ産業等の現状を理解した上で、映像制作やジャーナリズムに関する実践的スキルを学んだり、マスコミ・ジャーナリズムの世界や、スポーツから広がる新しいビジネスシーンで活躍できる力を身につけていきます。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

桐蔭学園 2014創立50周年 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから