桐蔭横浜大学

4年間の学びを支える体制(桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部)

スポーツ健康政策学部の教育指導の特徴

社会とつながり、実習を通して学ぶ

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部では、大学での学びを社会での実践に活かし、そとで得たものをさらに大学での学びにフィードバックすることを意図し、2年生からは各学科の特性に合った領域や職域での「サービス・ラ一二ング実習」や「インターンシップ実習」、外国におけるコミュ二ケーション実習など、多様な実習を行います。

少人数での細やかな指導

1、2年生でのクラス制、3、4年生での専門演習(ゼミ)を軸に、個に応じた指導を重視します。

1~2年生:クラス制

1、2年次は、英語の授業や実技のクラスとは別に、学科ごとに10~20名程度のクラスをつくります。クラスの担当教員に適宜相談をしたり、個別に助言をもらったり、質問をするなど、学生と教員、学生と学生がそれぞれ学修や生活を創る過程に参加し、相互に助け合っていくためのものです。
担当教員と連絡をとり、ゆっくり相談しながら、一人一人が自律して考え、動く力をつけるために活用してください。
〔例えば、こんな時にも教員と相談できます〕大学での勉強の仕方が不安・人生や進路について相談がある・大学のシステムがわかりにくい・専門的な勉強をするために助言が欲しい・本を紹介して欲しい・進路変更を考えている、など。

3~4年生:ゼミヘの所属(専門演習Ⅰ、Ⅱ)

3年次からは、卒業研究のテーマに関連して専門的な研究指導を受けるため、いずれかの学部専任教員のゼミに所属します。2年次の終わりから3年次の初めにかけてゼミの選択を行い、原則として3、4年生の2年間は同じゼミに所属します。細やかな指導や教育を実現するために、ひとつのゼミに受け入れる学生の人数に制限があり、場合によっては希望するゼミに所属できないこともありますが、大学での専門的学びの中心となる場ですので、しっかりと選んでください。

実践を重視した学習方法

教職に就いたときに即戦力となるような教科の指導法や模擬授業、ものづくりを体験するプロジェクト研究、会話によるコミュニケーションを重視した外国語コミュニケーション授業や、国際的に活躍できる人材の育成をめざした海外での研修など、社会での実践を重視した授業やプログラムを実施します。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

桐蔭学園 2014創立50周年 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから